ゴルフスイング

ゴルフが上手くなりたい。

それにはやはり、ゴルフの頻出動作であるスイングが上手くなる必要がありますよね。

では、スイングが上手い、ってなんでしょうか?

どんな動作もそうですが、「動作そのもの」が上手いとかお手本に忠実な度合いが高ければいいのかというとそうではありません。

ゴルフの場合は、クラブを通じてボールをコントロールできさえすればいいのです。

しかし、ボールをコントロールするためには、その手前にあるクラブをコントロールできないといけません。

そして、クラブをコントロールするためには、手足を含めた自分の体をコントロールできないといけません。

見た目はただクラブを振っているだけに見えるので、「かんたん」と勘違いする人も多いのですが、全然そんなことはない。

実はあのかんたんな動作の中に、様々なケースに対応する動きのバリエーションが含まれています。上手い人はそれらを縦横無尽に組み合わせてボールの動きをホールまで導いているわけです。

とても繊細で奥の深いスポーツなんですね。

とは言え、ゴルフの場合、まったく違う動作をたくさん覚えるというよりは、基本の動きを徹底的に身に着けた後で、その動きの一部を目的に合わせて調整するイメージとなります。

絶対!100切りプロジェクト

したがって、まずは資料や教科書どおりの基本を何度も何度もやりこみ、それが意識しなくてもできるようになったら、基本のどの部分をどのように調整するか、を洗練していく感じになります。

ですから、入門したての最初の頃と、上手くなってスコアを狙うようになった頃とでは、練習内容が変わってくるは当然です。

ただ、実践の場面が増えてくるにつれ、応用動作の割合が増し、その結果基本が徐々に変形してしまいがちになるので、プロや、アマチュアでも上手な方は基本を何度も何度も繰り返して実践しておられるわけです。

まずは、素振りでスイングを練習し、ビデオなどで撮影して客観的に自分の動きを見てみる。

これは効きますよ。

客観的に見てみると、上手い人との動きの違いが一発でわかります。

練習場に行って実際にボールを打つ練習をするのは、この素振りのスイングが安定してからでも全然遅くありません。

なお、素振りのトレーニングをする場合には周辺に人がいないこと、壊れやすいものが周りにないことを確認して行ってください。

できれば、自宅に練習場所を確保できれば最高ですね。

自分が好きな時間に練習できますから。

 

おトク情報

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

気分の上がるゴルフウェア

ページトップへ